子供にも服用でき常備薬としても人気のビオフェルミン便秘薬

ビオフェルミンといえば、整腸剤を思い出しがちですが、ビオフェルミン便秘薬というものもあります。

ビオフェルミン便秘薬は、ビオフェルミンの特徴である整腸作用もとりいれた便秘薬。有効成分は、ピコスルファートナトリウムです。


ピコスルファートナトリウムは、大腸刺激剤ですが、安全性が高く、習慣性も少ないことから、妊婦や授乳中の女性も使うことのできる成分です。

また、ビオフェルミン便秘薬は、便秘薬には珍しく、ビフィズス菌を配合しており、整腸作用も期待することができます。

成人の使用量は3~5錠に設定されており、自分で効き目が調節できるのもうれしいですね。
ビオフェルミン便秘薬は、11歳の子供からも使用できるように作られており、小・中学生の子供の便秘でお悩みの親にも、よく使われる薬の一つです。

小・中学生も使える便秘薬は、あまり市販されていない上、腸内環境を整える乳酸菌が配合されていて、薬だけに頼りたくない方には、ありがたい存在です。


ビオフェルミンシリーズには、「新ビオフェルミンS」があり、ビオフェルミン便秘薬で、現在の便秘の原因となっている便を排出したあと、新ビオフェルミンSで、腸内環境を整え、便秘にならない腸内環境作りにも役立つので、シリーズで使うこともお勧めです。

さらに、ビオフェルミンシリーズには、乳酸菌とビタミンCが配合された「ビオフェルミンVC」aもあります。 ビオフェルミンVCは腸内環境を整え、おならやお腹のはりが気になる方に効くようです。

また、ビタミンCは、食物繊維と合わせて取ると、便秘解消により効果があるといわれていますので(アメリカのミネソタ大学の臨床試験でも確認されています) 食事で食物繊維を多く取るように心かけている方にはより効果が期待できるかも。

便秘になりにくい腸内環境作りが期待できるのもビオフェルミンシリーズの大きな特徴といえます。 ビオフェルミンシリーズを上手に使って、根本的な便秘解消を目指してみてはいかがでしょうか。

>>> 便秘薬を飲む前にオリゴ糖を試してみませんか <<<

絶賛の声多数!複数のオリゴ糖配合で殆どの善玉菌のエサになって活性化!
天然成分なので副作用もなく安心。薬に頼りたくない方におすすめです。

「腹痛のない自然なお通じ」にイチオシ!

矢印  日本一売れているオリゴ糖の口コミを見る

このページの先頭へ