便秘薬によっては授乳中の赤ちゃんが下痢することも

妊娠がわかってから、出産まで、便秘になってしまっても、便秘薬を使わず、がんばってきた方や医師の処方する薬で乗り切ってきた方も多いでしょう。

しかし、出産したら、もう便秘薬を使ってもいいのかというと、残念ながら、実は、そうではありません。

赤ちゃんに母乳を与えているお母さんは多いでしょうが、 母乳を通じて、赤ちゃんに影響を与えてしまう便秘薬も多く、出産したからといって、安易に服用することは控えたほうがいいでしょう

便秘薬の中でも、界面活性作用により便を柔らかくする浸潤性下剤の一つカサンスラノールは、 授乳中のお母さんが服用すると、母乳に移行し、赤ちゃんが下痢をすることがあります
カサンスラノールが含まれる市販薬には、ビオミットSがあります。

また、センナ、ダイオウ、アロエなどの生薬便秘薬の成分やビサコジル配合の刺激性便秘薬にも、授乳中のお母さんが服用すると、母乳に移行し、赤ちゃんが下痢をすることがあるため、授乳中のお母さんの服用は避けるようにいわれています。

ビサコジルはコーラック2、スルーラック、カイベールC、ビューラックなど、私たちの生活で、頻繁に使われている市販の便秘薬に配合されているため、注意が必要です

授乳中に市販薬を、稀に服用するのであれば、母乳を通じた赤ちゃんへの影響も少ないともいわれていますが、便秘薬を常用していて、赤ちゃんが下痢をした場合はすぐに使用を中止してください。

便秘薬の使用を中止し、赤ちゃんの下痢が治るようであれば、薬の成分が、母乳を通じて、赤ちゃんに影響しているといわざるを得ないでしょう。

授乳中の便秘薬を選ぶ時には、薬剤師に相談したり、産後健診、赤ちゃんの検診のときに、医師に聞いてみるなど、専門的な知識のある人の意見を聞いて、購入することをおすすめします。

便秘薬を飲むとお腹の痛くなる方や、薬の副作用が心配な方は

便秘薬を飲む前に天然のオリゴ糖を試してみませんか!

便秘解消に高純度のオリゴ糖をすすめる5つの理由

様々なオリゴ糖が通販されていますが、その中でも高純度のオリゴ糖・カイテキオリゴは便秘に悩む妊婦さんや授乳中のママからの喜びの声が多数寄せられています。

1.自然食品だから赤ちゃんや妊娠中、授乳中の方でも安心

添加物のない天然のオリゴ糖はの自然食品なので、薬のような副作用の心配もなく 、便秘で悩む赤ちゃんや妊娠中の方、授乳中の方高齢の方などでもが安心して利用できます。

2.腹痛のない自然なお通じを実感できる

薬に頼れない妊婦さんや授乳中のママの多くが高純度オリゴ糖を摂とることで、腹痛のない自然なお通じを経験しているようです。

「便がやわらかくなり、ある日スルッと出た」という感激の声も目立ちます。

3.乳酸菌より効率的に便秘を解消してくれる

胃酸に強く、腸まで届く乳酸菌やビフィズス菌を摂取しても、腸内に住み着いてくれるわけではありません。いずれ排出されてしまうのです。

その点、オリゴ糖は腸内に元々棲息している乳酸菌、ビフィズス菌のえさとなって腸内の善玉菌を増やしてくれるのです

4.合成ではない、ほぼ100%の高純度天然オリゴ糖

よく甘味料として使われるシロップ状の製品のオリゴ糖含有率は30%程度といわれていますで、含有率98%の天然オリゴ糖は稀少品といえるでしょう。

5.クセがないので、何に混ぜてもOK

天然オリゴ糖の甘さは砂糖の5分の1。くせがなく、ほんのり甘い程度。

ご飯、炒め物、煮物、味噌汁などの食べ物やコーヒー、お茶、ジュースなどの飲み物に混ぜるだけで、手軽に摂取することができます。

そして、実際に管理人もこのオリゴ糖のおかげで長年の悩みだった便秘を解消することができました。

薬に頼りたくない方にはかなりオススメです

矢印   便秘で悩む授乳中のママに評判のオリゴ糖をチェックする

このページの先頭へ