妊娠初期は便秘薬の影響で流産の危険性も

妊娠初期は、胎児が安定しておらず、便秘薬による腸への刺激や腸の膨張が、子宮に影響を与え、流産してしまう危険性があると言われています。

特に便秘薬の中でも、ダイオウ(大黄)やセンナ、アロエなど、刺激性便秘薬には、子宮収縮作用があるものもあり要注意。なかには妊婦は使用しないように書かれているものもあります。


また、妊娠初期は、胎児の重要な器官が次々と成長していく時期でもあります。

妊娠3~4週で気管支や咽頭、妊娠5週で心臓や手、妊娠6~7週で目の水晶体、妊娠8週で足の形がはっきりし、指が見えるようになり、妊娠10~11週あたりには、骨の形成が進みます。


おなかの中の赤ちゃんの栄養は、胎盤を通じて、母親の体から栄養を取り込みます。 胎盤は胎児の免疫機関の役割も果たしていると言われていますが、薬は素通りさせてしまうそうです。

母親である妊婦にとっては、大したことのない量の薬でも、体が小さく、発達途上の赤ちゃんにとっては、危険な量。 特に、重要な器官が発達している妊娠初期は、ちょっとした量の薬が器官の発達に影響を及ぼし、成長を妨げ、障害の原因になってしまうこともありますので特に注意が必要です。

妊娠初期は、ホルモンバランスの影響を受けたり、つわりで、食事量が少なくなっていて、便の量が減り、便秘になってしまうこともありますが、安易に、便秘薬を服用することは、避けましょう。

妊娠初期の便秘の対処法としては、食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌を、 積極的に取るように心がけたり、プルーンやバナナなどの果物を取るようにするなど工夫して、 薬に頼らず、自然に排便できるようにすることが大切です。

便秘がつらくて、どうしようもないという妊婦さんは、自己判断で、市販薬を飲むのではなく、健診で医師に相談し、妊婦でも安心な便秘薬を処方してもらうようにしましょう。

便秘薬を飲むとお腹の痛くなる方や、薬の副作用が心配な方は

便秘薬を飲む前に天然のオリゴ糖を試してみませんか!

妊婦さんの便秘解消に高純度のオリゴ糖をすすめる5つの理由

様々なオリゴ糖が通販されていますが、その中でも高純度のオリゴ糖・カイテキオリゴは妊婦さんからの喜びの声が目立ちます。

1.自然食品だから赤ちゃんや妊娠中、授乳中の方でも安心

添加物のない天然のオリゴ糖はの自然食品なので、薬のような副作用の心配もなく 、便秘で悩む赤ちゃんや妊娠中の方、授乳中の方高齢の方などでもが安心して利用できます。

2.腹痛のない自然なお通じを実感できる

高純度オリゴ糖を摂っている妊婦さんは腹痛のない自然なお通じを実感される方が多いようです。

「便がやわらかくなり、ある日スルッと出た」という声も目立ちます。

3.乳酸菌より効率的に便秘を解消してくれる

胃酸に強く、腸まで届く乳酸菌やビフィズス菌を摂取しても、腸内に住み着いてくれるわけではありません。いずれ排出されてしまうのです。

その点、オリゴ糖は腸内に元々棲息している乳酸菌、ビフィズス菌のえさとなって腸内の善玉菌を増やしてくれるのです

4.合成ではない、ほぼ100%の高純度天然オリゴ糖

よく甘味料として使われるシロップ状の製品のオリゴ糖含有率は30%程度といわれていますで、含有率98%の天然オリゴ糖は稀少品といえるでしょう。

5.クセがないので、何に混ぜてもOK

天然オリゴ糖の甘さは砂糖の5分の1。くせがなく、ほんのり甘い程度。

ご飯、炒め物、煮物、味噌汁などの食べ物やコーヒー、お茶、ジュースなどの飲み物に混ぜるだけで、手軽に摂取することができます。

そして、実際に管理人もこのオリゴ糖のおかげで長年の悩みだった便秘を解消することができました。

薬に頼りたくない方にはかなりオススメです

矢印   便秘の妊婦さんに評判のオリゴ糖をチェックする

このページの先頭へ