妊婦の便秘とは

妊娠初期に限らず、妊娠中は、食事の好みが変わったり、運動不足になりがちだったりして、便秘にもなりやすい時期です。

さらに、妊娠中期の終わりから妊娠後期にかけては、おなかの中の赤ちゃんが、どんどん大きくなります。

大きくなった子宮は、腸を圧迫するため、ぜん動運動がおきにくくなったり、便の通り道である腸が狭くなったりして、便秘になりやすい傾向が高まります。

妊娠中に服用する市販の便秘薬の危険性

妊娠中は妊娠中期や後期もふくめ、便秘薬の使用は避けたほうがいいでしょう。 とりわけ妊娠初期は赤ちゃんの重要な器官の成長が著しく、薬による悪影響をうけたくない時期です。

特に市販の便秘薬は、刺激性便秘薬が多く、大腸に刺激を与え、ぜん動運動を促して、便秘を解消しますが、大腸に刺激を与えるだけでなく、子宮にも刺激が伝わってしまいます

また、ダイオウやセンナだけでなく、市販の便秘薬によく使われるビサコジルには子宮収縮作用がありますので要注意です。(ビサコジルが含まれている市販薬はコーラック2、カイベールC、スルーラック、ビューラックなど)

また、便秘解消に効果が高いと人気のアロエも、妊婦には、使うことができません。

便秘解消のハーブとして使われることがあるアンゼリカにも、子宮収縮作用があります。

ハーブなら安心と思われる方も多いと思いますが、ハーブにも、子宮収縮作用があるものがあるため、注意が必要です。

妊娠中は、市販の便秘薬を自己判断で使うのではなく、医師に相談し、妊婦に安全な薬を処方してもらうようにしましょう

妊娠中はオリゴ糖や乳酸菌、食物繊維を積極的に摂ったり、妊娠中期から後期でしたら、運動するように心がけたりして、自然な排便ができるようにすることが、一番です。

便秘薬を飲むとお腹の痛くなる方や、薬の副作用が心配な方は

便秘薬を飲む前に天然のオリゴ糖を試してみませんか!

妊婦さんの便秘解消に高純度のオリゴ糖をすすめる5つの理由

様々なオリゴ糖が通販されていますが、その中でも高純度のオリゴ糖・カイテキオリゴは妊婦さんからの喜びの声が目立ちます。

1.自然食品だから赤ちゃんや妊娠中、授乳中の方でも安心

添加物のない天然のオリゴ糖はの自然食品なので、薬のような副作用の心配もなく 、便秘で悩む赤ちゃんや妊娠中の方、授乳中の方高齢の方などでもが安心して利用できます。

2.腹痛のない自然なお通じを実感できる

高純度オリゴ糖を摂っている妊婦さんは腹痛のない自然なお通じを実感される方が多いようです。

「便がやわらかくなり、ある日スルッと出た」という声も目立ちます。

3.乳酸菌より効率的に便秘を解消してくれる

胃酸に強く、腸まで届く乳酸菌やビフィズス菌を摂取しても、腸内に住み着いてくれるわけではありません。いずれ排出されてしまうのです。

その点、オリゴ糖は腸内に元々棲息している乳酸菌、ビフィズス菌のえさとなって腸内の善玉菌を増やしてくれるのです

4.合成ではない、ほぼ100%の高純度天然オリゴ糖

よく甘味料として使われるシロップ状の製品のオリゴ糖含有率は30%程度といわれていますで、含有率98%の天然オリゴ糖は稀少品といえるでしょう。

5.クセがないので、何に混ぜてもOK

天然オリゴ糖の甘さは砂糖の5分の1。くせがなく、ほんのり甘い程度。

ご飯、炒め物、煮物、味噌汁などの食べ物やコーヒー、お茶、ジュースなどの飲み物に混ぜるだけで、手軽に摂取することができます。

そして、実際に管理人もこのオリゴ糖のおかげで長年の悩みだった便秘を解消することができました。

薬に頼りたくない方にはかなりオススメです

矢印   便秘の妊婦さんに評判のオリゴ糖をチェックする

このページの先頭へ