体質や便秘の症状に合った漢方薬を選ぼう

便秘薬には、漢方の便秘薬もあります。漢方の便秘薬で、一番選ばれるのが大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)でしょう。

大黄甘草湯は漢方の分野では、一般的な便秘薬として広く使われており、漢方便秘薬の成分として、一番代表的なものが、大黄(ダイオウ)です。

大黄の主成分は、センノシド。センノシドは刺激性下剤の成分の一つで、刺激が強く、妊婦には使用できません

腹痛などをおこさぬよう、大黄の刺激を甘草の作用で緩和していますが、体力が平均以上ある方に使われています。


体力のない人には、桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)。 大黄に、甘草、生姜、大棗、桂枝を配合し、胃腸への負担や刺激を抑える効果も高い漢方薬です。

また、便を柔らかくする麻子仁と呼ばれる成分を含んだ麻子仁丸(ましにんがん)は便がコロコロの状態になってしまう、けいれん性便秘にも向いています。

潤腸湯(じゅんちょうとう)という漢方薬も麻子仁丸と同じような症状の方に使われます。

腸の働きを調整し、整腸作用のある漢方の便秘薬には、桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)や小建中湯(しょうけんちゅうとう)などがあります。

大黄甘草湯や桂枝加芍薬大黄湯のように、即効性のある大黄が含まれていないので、 すぐに効果が現れるわけではありませんが、飲み続けることで、腸の働きが正常化され、便秘の解消、改善に効果が期待できます。

漢方薬の便秘に効く成分は、大黄や麻子仁のほか十薬(じゅうやく)と呼ばれるドクダミ、芒硝(ぼうしょう)と呼ばれる硫酸ナトリウムなどが便秘に効く成分として、よく使われます。

>>> 便秘薬を飲む前にオリゴ糖を試してみませんか <<<

絶賛の声多数!複数のオリゴ糖配合で殆どの善玉菌のエサになって活性化!
天然成分なので副作用もなく安心。薬に頼りたくない方におすすめです。

「腹痛のない自然なお通じ」にイチオシ!

矢印  日本一売れているオリゴ糖の口コミを見る

このページの先頭へ