便秘に効く便秘薬の仕組みとは?

辛い便秘を解消するために、便秘薬を飲んでいる方も多いと思いますが、便秘薬がどうして便通をよくするのか、気になったことはありませんか?

便秘薬は、便秘そのものを治療する薬ではなく、便秘の原因となっている滞留便を排出させるための薬です。

飲んだからといって、便秘そのものが完治するわけではなく、今、原因となっている便を排出させるだけなので、再び、便秘になってしまうことも多いのです。


便秘薬には、便そのものを柔らかくして、排泄しやすくする仕組みの薬と、大腸に刺激を与え、ぜん動運動を促して排泄しやすくする薬があります

便秘薬の種類

機械的下剤

腸壁よりも浸透圧の高い成分が便秘薬に入っており、浸透圧の高い成分が便に含まれることで、水分が腸壁ではなく便の中に引き寄せられ、便そのものを柔らかくし、便通をよくする仕組みです。

成分としては、便の水分量を増やすマグネシウム類やラクツロースなどの糖類、腸内の水分で成分が膨らみ、便の水分量を増やすバルコーゼ、界面活性作用で、便を柔らかくするバルコゾルなどがあります。

また、便そのものを柔らかくする便秘薬には、 食物繊維でできた医薬部外品(薬ではない健康食品のようなもの)もあります。

刺激性下剤

アロエ、センナ、ダイオウなどに含まれる成分のアントラキノン系誘導体、フェノバリンなどのフェノールフタレイン系誘導体、ラキソベロンなどのジフェノール系誘導体など大腸に刺激を与え、ぜん動運動を促す ものがあります。

吸収されて刺激を起こす場合と、成分からできる産物が刺激を起こす場合があり効果の強さは、成分によって異なります。

その他
腸のぜん動運動は、副交感神経を刺激すると高まり、交感神経を刺激すると鈍くなるといったメカニズムを利用した便秘薬もあります。

>>> 便秘薬を飲む前にオリゴ糖を試してみませんか <<<

絶賛の声多数!複数のオリゴ糖配合で殆どの善玉菌のエサになって活性化!
天然成分なので副作用もなく安心。薬に頼りたくない方におすすめです。

「腹痛のない自然なお通じ」にイチオシ!

矢印  日本一売れているオリゴ糖の口コミを見る

このページの先頭へ